サーバーのローカルIP変更時に手を入れるネットワーク系設定ファイル

11月 9th, 2010

本日サーバーのネットワークセグメント変更を行ないました。

今までは
(WAN) – (ルーター) – 192.168.1.XX – (ルーター) – 192.168.11.XX
となっており、サーバー類も192.168.11.XXにおいていました。
何でそんな事になったのかと言うと、ネットワーク周りの知識が全くと言っていいほど無かった時にサーバーを構築し、サーバー自体は何度も作り直したり、ハードウェアの入れ替えはしたものの、ネットワーク環境はそのままで来てしまったためです。。。

192.168.1.XXにぶら下げるPCがあり、それから192.168.11.XX にあるサーバーに接続が出来なかった為、192.168.1.XX内にサーバーを移設しました。

その際にローカルIPが変更されてしまうため、サーバー内のネットワーク環境を設定している下記ファイルに手を入れる必要があります。


OSはcentosです。

/etc/hosts.allow (sshの接続元を制限している場合には変更必要)
/etc/hosts.deny (sshの接続元を制限している場合には変更必要)
/etc/resolv.conf
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 (eth0は私の環境です)
/etc/sysconfig/network

その後、各アプリケーション(サイトからのDB接続等)の設定をすれば完了です。

カテゴリー: サーバー, 開発

Leave a comment

Leave a comment

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。

Feed

http://blog.yume-dia.jp / サーバーのローカルIP変更時に手を入れるネットワーク系設定ファイル